急行2号ワールド

いろいろします。

「知り合って」もいない

Facebookをぷらぷら見てた。

知り合いのページを読んだりしながら、「あれ、私この人のこと、そういえば全然知らない」なんてことを考えていた。

それと同時に、相手にも私のことを何も知らせていない気がした。

「知り合い」ではなかったのである。

ではなんと呼べばいいんだろうか。

…他人?

なんだかそれが一番ふさわしくて揺るぎない呼称であるように思う。

 

こうやって「もったいなくした」関係はきっと今まで沢山あっただろうなあ。

歳を重ねるにつれ人と出会う回数が減っていることを危惧し始めた。

 

ん〜〜〜、どうしよう。