急行2号ワールド

いろいろします。

主人公の感情が伝わらないのは致命的

あなたの命のいただきかた~亡国王子の復讐譚~について、某所で意見を募りました。

 関連記事↓

www.kk2go.net

 

そこで今回、というか前回もそうしてるんですが、いただいた意見をノートにまとめました。

 

まず、

・主人公の設定がわからない(旅立ちまでの複雑な過程がダイジェストすぎる)

・物語が記号的にしか見えない(主人公にとって国はどういうものだったか。自分が魔法を使えないことに対してどう思ってるか。等が見えない)

・主語と述語がつながっていない

・神視点なため時間経過もぐちゃぐちゃ

・人物も各場面の描写も全くできていない

・神視点で書いてるからわかりづらい、わからない

・意味不明(↑の理由で)

・結果→説明の順番で書いてるからわかりづらい(たとえば岩トカゲがなんでそうなっているのか、絶対に動かないと言われている根拠は?等)

・主人公が何を思っているかがうかがえない(感情移入が困難)

……という意見をいただきました。

 

それから、

・キャラクターが見た光景をきちんと書く

・キャラクターの視点で、起きたことを順番に書く

・キャラクターの視点で物語を書く力をつける

という項目も、意見を踏まえてメモしました。

 

ほかにも「学校で勉強してないんじゃないか」「精神異常」などと言われましたがそこはずばりなので反論の余地はありません。そこはすみません。

 

で、ちまちまと改稿していて、また第一話あたりをちょこちょこ変更しています。じつは。

主人公に感情移入できない、というか、主人公の感情が読み手に伝わらないのは作品として致命的だと思うので、そのあたりを重点的に改善していければと思います。

あとは文章の書き方ですね。そもそもの。

(なのでフォロワーさんに相談に乗ってもらったりしました。ありがとうございました。)

 

しかし、たしかに記号的に物語を進めていた気が今になって襲ってきます。

それじゃいけないなあ~。読んだハウツー本にも「ただ駒のように物語を進めればいいってもんじゃない」みたいなことを書かれてましたな~。まさにそれじゃん!と反省中です。

なんかそれじゃない。私が書きたいのはそういう記号的なものではない。ので、改めていきます。

以前書いたところ修正しつつ新しい話も書くみたいな平行作業してますが、めちゃくちゃ楽しいので頑張ります。

あとあと、わかりづらさについても……ちょこちょこ訂正していきます……。場面転換とか時間経過のシーンに着目しつつ……。そこ初歩的なとこですのでできてないとまずい。