急行2号ワールド

いろいろします。

私はうつを一生なおさないと決めました。

 

近ごろTwitterのタイムラインでうつ病について発言したツイートをいくつか拝見する機会が多くなりました。

 

なかには自分がうつ病だとカミングアウトするかたも。

 

なので私も言います。
私もうつ病です。

 

黙ってた理由は、なんとなくタイミングがなかったから。とくに言いたいとも思いませんでした。
ではなぜいま言うのか?

 

ひとことでいえばチャレンジです。

自分の、すごくプライベートなところですし、言う・言わないに正解はありません。
しかし、「自分が(うつだと)カミングアウトすることによる周囲の(とくにネット上の)反応が見たい」と思いました。好奇心ですね。

 

引かれてもいいし、受け入れてくれなくても大丈夫です。オッケーです。

「騙された」とも思ってくださって〝私は〟大丈夫です。

 

でも、できれば、ほかのうつ病患者のかたに対しては、「騙された」とか「裏切られた」とかネガティブな言葉は告げないであげてください。
なんでか?っていうと、うつ病を抱えている人間って、ネガティブな言葉にすごく敏感なのです。刺激してあげないでほしいです。「刺激」ってすごく刺激になるんです。こころが刺されたあと、激しくパニックになっちゃうんです。人間誰しもパニックになんてなりたくないですよね(なりたい人かいたらすいません、それは私の配慮不足です)。なのでお願いします。

 


と、話を私のことに戻します。

 

これは最近(今年)になってから考えていたことなんですが。
自分はもしかしたらうつ病をなおさなくてもいいんじゃないか?ということ。

 

ちなみに私がはじめてうつ病(らしきもの)に罹ったのは中学生くらいのときでした。
なんだか漠然と不安、それから嫌気がふつふつ湧いてきて、学校にも行かなかったし、夜眠れないもんでお医者さんから弱めのお薬をもらってました。

 

高校に行きだしてからはお薬の服用を止めてたように記憶しています。
このころ学校が楽しくなっていました(通信制高校でした)。

 

再発したのは、以前記事にも書いたようにパニック障害が発症してからですね。えーっと、いつだ。三年前。そうそう三年前くらいのことです。三年前のちょうどこの時期!

あまり外出せず、家に引きこもりがちだったので、ゆううつな気分になりがちだったのですね。


で、再発してからかれこれ三年のうつ病とのお付き合いになるのですが……

 

ぜんぜんなおらない。これがまた。びっくりするくらい、なおらない!


へたすると夜中まったく寝れないし、あさ動こうとしても体が動かないし、なにもしたくないし、人にも会いたくないし、ごはんも食べたくない。液晶画面なんてとても見れない。石になったみたいに、人間としての生理行動が完全に停止してしまいます。
ほんとに最悪なパターンになると「まじで死のう」と思い立って(たいていフとした拍子で思い立つ)死ぬための支度を始めます。
が、いざ死ぬとき、さすがに「これはマズイ」と理性が働き、はた迷惑なことながら友人に連絡して事なきを得ていました。
(友人には本当にすまなかったと思っていますし、もうそんな真似はしないと決めています)

 


こんな感じで三年です。
悲しいですし、はがゆいですし、人間としてめちゃくちゃに恥ずかしいです。

世間一般で言うところの「まとも」からはおよそかなり離れている自分が恥ずかしいです。


なおしたいです。
叶うことならなおしたいです、うつ病。

 


しかしですね、なおしたところで、今度は次の恐怖がやってくるんだろうな、となんとなく思います。


それが、パニック障害にあるような「いつ再発するかという不安」。これです。


たとえばウソみたいにうつ病がなおったとして、明日から元気バリバリに動けたとして、じゃあ一生再発しないのかと問われれば、確実なことは私、答えられません。
そしたら私、すごくビビりなので、毎日不安にびくびくさせられながら日常を送る気がします。

 

それってなおった意味あるのか。なおした意味あるのか。

私の場合、「ない」です。意味ない。ぜんぜんない!

 


ならば、ですよ。


それならいっそなおしなんてせず、私、一生うつ病と付き合っていきたいです。
仲良くしていきたいです。


という結論にたどりつきました。

幸いなことに、このごろはとてもハッピーだとは言えずとも、けっこうゆったり生きられてるし、死にたいとかは(今は)思ってないし、不幸だとも考えていません。
夜眠れなくても次の日バーッと寝ればよいし、なにも食べたくないときは食べずに栄養剤飲めばよい(いやほんとはだめだけど)。
ほとんどのことは「どうしようもある(生きる方法の多様化)」のだと思いました。
ならこのまま現状維持でもいいんじゃないか。そんな気がしました。


もちろん、うつ病に対する考え方、価値観、ものの見方などは人それぞれです。
なおしたいというかたもいらっしゃいます。そのために頑張ってるかたもたくさんいらっしゃいます。

これはあくまで私個人の決定・考え方です。

 

よって、だから私は一生うつをなおしません。

 

これが私が私に言える「正解」です。

 

私はそうやって生きてくって決めました。そのことを今回ここに記します。

 


終わります。

 


追伸:自分は友人にたくさん助けられてきたので、私も誰かの役に立てないかな、ということを最近は考えています。あとなにかしら恩返しできればいいな。