急行2号ワールド

いろいろします。

プロモーションビデオを観ては涙するという謎の行動について

 

あえてカミングアウトするならば自分には、ゲームのPVを観ては泣く、という謎の習慣がある。

 

どういうことか?と自分でもつねづね不思議に感じていたので、どういうことかと自分なりに解釈していくと、

 

・PVはストーリーの「ココ見どころだよ!」という公式からの主張である

・つまり見どころ=その作品のウリである

・それ(ウリ)がダイジェストになって流れている

・ウリなので、もちろん名シーン、名言、名曲ばかりである

・それ(名シーン、名言、名曲ばかり)がダイジェストになって流れている

・よってPVは簡略化された名作である

 

という結論に至った。

 

つまり自分は「簡略化された名作を観たい」のである。

 

……ということがわかった。

 

おまけにPV製作スタッフは(主観だが)演出のプロだと思っているので、「とてもきれいに演出され簡略化された名作」を観ることができるのである。

 

これは自分にとって旨味しかない。

旨味しかないのである。

 

もちろん全編プレイできればなおのこと良いのだろうが、本音を言ってしまえばほかにもやりたいことがあるので、どうしてもそちらを優先してしまいたい。

 

……とかいう、自分は製作側にとっては無益な存在でありますので、自分が製作側に対し、やれることといえば、「あの作品ちょうツマんなさそう」とか批判めいたことは一切言わないこと、くらいである。というかこれが自分の趣味のひとつでもあるので、批判とかそういうことをしたいのではないし。

目的はあくまで涙を流したい、これだけである。

 

あっ、映画の予告編も好きです。同じ理由で。