急行2号ワールド

いろいろします。

近状についての雑記

 

ここ最近、毎日イラストを描いている。

 

やっぱり「描くこと」が好きだなあと実感。

と、ともに、「一日描かない日を作ってしまったら今あるスキルさえ紛失してしまうのではないか」という恐怖も実感。

 

イラストを描くのは、それこそ小さいころから好きだったのだけど、16〜18歳かそのくらいのあいだ、まったく描かない時期があった。

数年間描かなかったわけなので、そりゃとうぜん描くことを再開したときには「ヘタクソだなあ」としか思わなかった。「以前はどうやって描いてたっけ?」とも思った(答えは見つからなかった)。

ひどい有様だったのだ。

そのひどい有様を体験しているので、よけいに恐怖感がある。

 

そんなものだから、イラストを描く喜び半分と、描かなきゃまたヘタクソになる不安半分で現在はイラストを描いてる。

けっこう複雑な心境である。

 

ところが、これは文章に対しても同じことを言える気がしてならない。

私の二本の腕じゃあひとつの作業しかできないので、あたりまえながら、イラストを描きながら文章を書くということができない。

そーすると、今度は「文章がヘタクソになる」という恐怖におびやかされる。

されている。

 

文章に関してはまだまだドがつくほど素人だし、経験年数も浅いので、さらに不安が襲ってくる。

 

そんな不安を払拭したい本能が働き、最近、イラストを描いている間、文章をどう書くかについて考えている。

考えることによって「ヘタクソにはならない」というチンケな安心を得たいのだ。

 

そんな毎日を送っている。

体調はだいぶ良くなった。

たまにめまいがするけど、それは人混み入ったとき限定なので、いくらでも対処できるのでオッケー。

というか、どうせロクに外出できていないのが現状だ(家でやることがあるので)。

スタバでくつろぎながら悠々とイラストを描いてみたいものだが、ドリンク一杯で長居するのも気が引ける。

 

あ。

しかし、引きこもり生活で歩行すら疎かにしてしまっているので、せめて歩きたい欲求に駆られている……ホントに……。

 

あとはそうだなー、

スカートのチャックを壊したこととか(すごくショックだった)。

洋服選びは慎重にします……。

 

あとはあとは、

私、こう、クールでミステリアスなキャラクターで2018年を生きたい。その方法と手段を探っている。

なんかカッコよさそうだから。

 

以上です。