画像加工アプリ使用感メモ

スマホにおける画像加工アプリで優秀なPicsArt、Pixlrの使用感など。

 

 

PicsArt

・オシャレな加工ができる(インスタントカメラ風、ポスター風など)

・長方形の画像でも正方形にできる(そのさい、任意の色による枠線が入る)

・画像の上に画像を乗せられる(たとえば写真の上に透過済み画像を乗せてコラージュしたりできる)

・デバイスに保存時の形式はJPEGのみ

・PicsArt上に画像をアップできる(独自のSNSになっている)

・画像をデコれるステッカー、フレームの種類が豊富(一部有料)

・文字入れ可能だが日本語での文字入れには向いていない

 

Pixlr

・オシャレな加工ができる(オーバーレイ加工の種類が豊富)

・画像をデコれるフレームは無料だが無料なりに種類が豊富

・文字入れ可能だが日本語での文字入れには向いていない(ただし英字フォントの種類は豊富)

・デバイスに保存時、形式はJPEGかPNGを選べるほか、画像を縮小でき、JPEG形式で保存の場合は画質の高低を選べる

 

 

こんな感じ。

デコるとかいう言葉を久しぶりに使ったのでむずがゆい。

どちらのアプリも複数の画像を選びコラージュできるほか、画像に直接お絵描きできる。

また、どちらのアプリも基本無料。

保存形式の関係で私はPixlrばかり使っている。